社員紹介

当社で活躍する工事部の社員たちに、

入社理由や仕事内容、仕事のやりがいなどを聞きました。


工事部 佐藤陽平(2019年入社)

難しい現場であるほど 充実感が大きくなるんです。
現場担当(2019年入社)


前職は何をされていましたか。

造園に携わる会社の社員でした。造園業に携わることになったきっかけは、子どもの頃に自然の中で遊ぶことが多く、そこで触れる植物が好きだったということ。そして、造園職人が生み出す、芸術にも近いものを感じるような景観・造形に惹かれていたということも挙げられます。そんな私の興味を満たしてくれる「天職」とも言える、造園業という仕事をウキガヤでも続けています。

転職に至った経緯、またウキガヤを知って入社を決意した経緯を教えてください。

転職を決意した一番の理由は、ステップアップを考えたからです。自分が学んできたこと、形にしてきたことを、別の場所で試してみたかったというのが大きいかと思います。ウキガヤは地域に密着した会社で、自治体などからの大規模な案件の受注も少なくありません。また、造園分野だけでなく、土木や外構工事などにも携わる会社ですから、自分の知識や経験の裾野をさらに広げられるのではないかと思いました。社内のアットホームな空気感も含め、総合的に見て自分に合った職場だと感じたのが、いくつかの転職先候補の中から最終的にこの会社を選んだ理由です。

この仕事のここが楽しい!を教えてください。

植物という生き物を扱う仕事ですから、全てが思い通りになるというのはあり得ません。そんな条件のもと、お客さまにご提案し、ご意見を伺い、最善の落としどころを見つけていくことになります。実作業に入れば、持っている知識と技術を総動員して植物と向き合います。大変なこともありますが、作業自体は楽しいものです。やはり、造園のプロとしては自分の色を少しでも反映させたいという思いもあります。結果として、お客さまと自分たちの理想がマッチした満足のいく景観が出来上がった時は、「この仕事をやっていてよかった」と、心から思います。

学生の方に向けてメッセージをお願いします。

造園業に興味のある学生さんにこの仕事に携わる上で大切なことは何かと聞かれたら、「勤勉であること」と答えます。生き物と対峙する以上、細かなところに目が届かなくてはなりませんし、時には単調な作業を繰り返さなくてはならないこともあります。そんな時にも根気強く業務に向かえる勤勉さが必要かなと。加えて、植物が好きだという人は特に歓迎したいですね。好きなものと触れ合う仕事を選べたらきっと長く続けてもらえるはずですし、自然と勤勉になってもらえるのではないかと思います。

工事部 大槻莉央(2020年入社)

幼い頃からの夢を現実にするため 試行錯誤する日々が始まりました
設計担当(CAD)(2020年入社)

学生時代、どんなことを学んでいましたか?

子どもの頃、テレビのリフォーム番組を見て建築の世界に魅力を感じ、高校は建築の勉強ができる学校を選びました。図面を書いたりすることが得意だったのですが、自分自身が手を動かす大工仕事にも興味があり、在学中に建築大工技能検定を受験したこともありました。高校を卒業して進んだのは建築系の専門学校です。所属していた建築デザイン学科は建築士や施工管理技士を目指すためのカリキュラムが充実していて、とても学びがいがありましたね。そこで製図や施工の基礎を学びながら、幼い頃からの夢の実現に向かって突き進んでいました。

どのような就職活動をしていましたか? またウキガヤを知ったきっかけは?

得意分野であった製図の技術を活かせる職場を探しました。それに加えて、自分がまだ経験したことのない分野の仕事ものぞいてみたいという思いもありました。ウキガヤの存在を教えてくれたのは、専門学校時代に研修でお世話になった講師の方です。CADを扱う人を探しているとのことだったのですが、私自身CADは未経験で若干不安もありました。ただ、面接でお話をして、CADの経験が無いことは問題ないと言ってもらえましたし、この会社なら自分が成長するのに最適だと思えたので、入社を決めました。

現在の業務内容を教えてください。

主に、平面の図面を立体パースに起こすという作業をしています。現場の職人さんが建築物のビジュアルをイメージしやすくするためのものです。CADについては試行錯誤を繰り返しながら、なんとか扱えるようになってきました。最近は見積もりの立て方など、業務全体が見渡せるような分野の仕事も手伝わせてもらうようになりました。現場で職人さんが何をしているのか、どうやって仕事が進んでいくのか。その流れが少しずつわかるようになってきて、自分のやるべきことが見えてきたように思います。もちろん、図面を扱う仕事もやりがいがありますが、現場での仕事にも興味が湧いてきているところです。

この仕事のここが楽しい!を教えてください

先日、ウキガヤが工事を手掛ける公園の完成予定図のパースを描いたのですが、それが工事現場の仮囲いに貼ってあるということを聞きました。しかも、通行人の方がそのパースの写真を撮っていたそうなんです。私は自分の描いたパースを直接職人さんに手渡すわけでもありませんし、現場でお客さまや街の人の反応を知ることもありません。正直「私、ちゃんと仕事できているのかな」と思うところもあったのですが、それを聞いてとてもうれしくなりました。こういう充実感を積み重ねていくために、もっと頑張ろうと思います。

最後に、学生の方に向けてメッセージをお願いします。

まずは、自立心のようなものを意識したほうがいいと思います。もちろん、会社には研修や資格取得のサポートはありますし、わからないことを教えてくれる先輩もいます。それでも、実際に仕事をするのは自分自身。自分の意思で調べたり、考えたり、判断したりしなくてはならないことは山ほどあります。それをやりがいに感じるのが社会人なのだと思います。ウキガヤには、年齢や職歴に関係なく、仕事を任せてもらえる環境があります。いつか出会える後輩のみなさんと、一緒に新しいウキガヤを作っていけたらと思います。